愛用カメラ5D mark2が結露で壊れた!ので原因と対策を調べてみました!

CANON EOS 6D

こ、これが噂に聞いていたカメラの結露問題なのか!
ワタクシの愛用しているカメラ「Canon EOS 5D MarkII」が、このたび結露で壊れました。
ガビーン!今週末、東京写真部なのに!
引越しでサブカメラも全部売っちゃったところなのに!どうするよ?

というわけで、事の顛末はこんな感じ。

スポンサーリンク

愛用カメラ5D mark2が結露で壊れた!

こないだのPIC magazine大須写真部の次の日。
前日の疲れと朝からのうだるような暑さで、お昼ごはんを作る気力が無かったので、
親子3人で御幸亭へごはん食べに行ったんです。

御幸亭は赤ちゃんもウェルカムなお店で、店員さんも優しい人ばっかりだし、
もちろんご飯も超おいしいし、とても最高のランチを堪能しました。
贅沢にもAランチ+Cランチのダブルランチ1250円を食べてしまいました。

この時はおいしそうなご飯の写真が撮れてますから、カメラも壊れていないんです。
で、お会計を済まして外に出て、いつものように記念写真を1枚、
と思ったらカメラの電源が入らない!あれ?もう電池切れ?さっき満タンだったはずなのになー。
なんてのんきに家路につきました。

夏の結露にはご用心!

で、新しい電池に交換したんだけど、やっぱり電源が入らない!
これはヤバいかも、、、と思ってネットで調べてみてると、
「冬だけじゃなくて夏も結露に要注意だよ!」的なことが書いてありまして。
これはまさか、噂の結露か!と。

思い返して見ると、外は極悪に蒸し暑い猛暑。
お店の中はエアコンガンガンで涼しいを通り越してちょい寒。
しかも冷たい風がマックス当たるエアコンの真ん前の席で、カメラを放置していたのです。

キャノンのサービスセンターに持って行ったら、
「これは結露かもしれませんねー。一旦工場に持ち込んで中を確認してみますけど、
もし基盤にサビとか出ててダメになってたら、基盤交換ですねー。」
で、出ました、最悪ワード「基盤交換」。そ、それってお高いんでしょ?

で、翌日電話がかかってきまして、
「基盤がダメになってましたー。修理代は4万数千円です。」
アーメン。

【追記:2015年8月24日】
無事修理から戻ってきまして、なぜか修理代は17,436円ですみました。

結露が起こる条件とは?

結露(けつろ)とは、固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のことである。by wikipedia

暖かい空気と冷たい空気では水分を含んでおける量が違う、というのがそもそもの原因。
なので、カメラを持ち運ぶ時に、
高温多湿の場所⇒寒い場所もヤバいし、キンキンに寒い場所⇒高温多湿もヤバい。
とにかく湿度が高くて温度差が激しいのが危険。

カメラの結露対策

温度差のあるところをカメラ本体を裸で持ち運ぶのが一番ダメ。
バッグに入れるか布にくるむか、温度差を和らげるのがポイントらしいです。
そして温度差が激しいところに行った場合は、
すぐにカメラを出さずにしばらくは慣れるまで待つ。
とにもかくにもカメラバッグを使いなさい、と。持ってないわー。

カメラが結露しちゃったら?

軽い場合は、しばらく放っておくと水分が蒸発して復活することもあるみたい。
でも今回の場合は、カメラ内部に結露が起こって基盤がやられちゃったのでアウト。
交換修理。痛い出費となりました。

というわけで、カメラ好きの皆様はお気をつけを。
この高温多湿の時期はけっこうヤバいらしいですよ。
散歩とかだとお店入ったり出たりで暑い寒いの差が出やすいですからねー。

で、修理に出したカメラが戻ってくるのはお盆を挟んで月末近くなっちゃうようなので、
写真部に間に合うようにビシッとニューカメラを買いました。
CANON EOS 6D。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D
キヤノン (2012-11-30)
売り上げランキング: 11,767

軽くなってWi-Fiが本体に付いて、シャッター音が静かでなんだかいい感じ。
写真部に最適な気がしてきました。
これも今度レビューします。


2015-08-06 | Posted in Photo / 写真・カメラ
オニマガ特製 WordPress用ブログテンプレート発売!
ワードプレステーマ「Minimal WP」
月間30万PV超のノウハウを詰め込んだ、ミニマルデザインのWordPressテンプレートを販売中。HTML不要で初心者でも簡単におしゃれなホームページやブログが作れます!ブログ始めるなら今がチャンス!
関連記事
オニマガをフォローしよう!
follow us in feedly

Photo / 写真・カメラ 新着記事

オニマガの新着記事

過去記事検索